/

中日・根尾、投手メニューで調整 異例の転向「僕は僕」

野手から異例の投手転向が決まった中日の根尾が15日、バンテリンドームナゴヤでの全体練習に参加し、投手のメニューをこなして調整した。「新鮮だった。野手から投手になった例はあまりないと聞いてはいるけど、僕は僕。しっかりやれることをやっていきたい」と力を込めた。

勢いよくベンチから飛び出し、投手陣が集合する中堅フェンス沿いへ向かった。エースの大野雄とキャッチボールし、投内連係ではマウンドで遊撃手仕込みの軽快なフィールディングを披露。直球にスライダー、カーブを交え、ブルペンで30球ほど投球練習し、バットを握ることはなかった。

今後は投手に軸足を置きながら、代打や代走での起用にも備えるという。「投げる機会があれば、打席も立つ機会はある。もっと打ちたいという気持ちは持っている」と意欲を見せた。

当面は1軍で中継ぎ待機し、将来的には「先発で少し打撃のいい投手。そんなことを期待している」と立浪監督。「大成できるように応援してもらいたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン