/

この記事は会員限定です

革命は中高生にも スポーツデータ市場は6000億円超

いまどきの部活②

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

トップアスリートの間で急速に拡大するデータ革命の波は、学生スポーツにも押し寄せている。日々のコンディショニングを管理するだけでなく、パフォーマンスや戦績にも客観的な数値を示すことで生徒の士気もアップする。一方、多岐にわたる専門性の高いデータを成長期の子どもにどう当てはめるか。模索が続く現場を追った。

頑張った結果を可視化

自分の体の状態を気軽に調べられるらしい――。東急東横線日吉駅前に広がる、慶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
いまどきの部活

気軽にスポーツを始める場として存在してきた「部活」。学生時代の一番の思い出にあげる人も多い一方、伝統的な慣習が敬遠されたり、近年は少子化、ライフスタイルの変化もあったり、様々な要因で存続が厳しいところも出てきている。それでも若い世代がスポーツをする環境を維持したい。新しい部活を模索する現場を追う。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン