/

この記事は会員限定です

海外チームの分析も受託 プレーするだけでない体育会

いまどきの部活①

(更新) [有料会員限定]

「この2週間の成績は?」「商談まで行けなかった原因は何だろう」。メンバーがオンラインで集まり、議論する。契約の利点を伝える模擬プレゼンテーションを繰り返す。企業の営業会議ではない。東京大学サッカー部の「部活動」の風景である。

年間予算の2割強を自前で稼ぐ

約100人の部員は芝の上だけでなく、「もう一つのピッチ」でも汗をかく。同部の「プロモーションユニット」に所属する15人の役割はスポンサー集め。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いまどきの部活

気軽にスポーツを始める場として存在してきた「部活」。学生時代の一番の思い出にあげる人も多い一方、伝統的な慣習が敬遠されたり、近年は少子化、ライフスタイルの変化もあったり、様々な要因で存続が厳しいところも出てきている。それでも若い世代がスポーツをする環境を維持したい。新しい部活を模索する現場を追う。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン