/

山本涼太が自己最高3位、渡部暁斗は5位 スキーW杯複合

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は15日、ドイツのクリンゲンタールで個人第11戦が行われ、山本涼太(長野日野自動車)が自己最高タイの3位に入り、今季初の表彰台に立った。頭痛のため過去3戦を欠場していたが、前半飛躍(ヒルサイズ=HS140メートル)で1秒差の2位につけ、後半距離(10キロ)でも3人の先頭集団で最後まで粘った。

渡部暁斗(北野建設)は今季最高の5位。前半飛躍7位から後半距離で順位を上げた。渡部善斗(北野建設)は19位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は22位、谷地宙が24位、山本侑弥(以上早大)は31位。木村幸大(中大)は後半距離を棄権した。ヨハネス・ランパルター(オーストリア)が優勝し、今季、通算とも2勝目を挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン