/

15日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【日本ハム10-2ソフトバンク】日本ハムが今季初の4連勝。0-2の二回に松本剛の適時打などで追いつき、三回に浅間の2点二塁打で勝ち越す。万波は四回に2点三塁打、六回は2ランを放った。5回2失点の杉浦が2勝目。ソフトバンクは投手陣が崩れて3連敗。

【阪神8-1DeNA】阪神が快勝した。二回に近本の二塁打で2点を先制し、佐藤輝が三回と六回にソロ本塁打を放つなど効果的に加点して突き放した。6回を投げ5安打1失点のウィルカーソンが2勝目。DeNAは攻守に精彩を欠いて3連敗となった。

【楽天3-1西武】楽天が接戦を制して連敗を4で止めた。0-1の四回にマルモレホスの4号2ランで逆転し、九回にマルモレホスの犠飛で加点した。則本が7回5安打1失点で2勝目を挙げ、松井裕が11セーブ目。西武は好機を生かし切れなかった。

【中日9-3巨人】中日が17安打で大勝し連敗を3で止めた。二回にA・マルティネスの適時二塁打、根尾の適時打、三ツ俣の適時二塁打など6安打で4点を先行した。柳が7回2失点で4勝目。巨人は高橋が二回途中4失点と崩れ、連勝が3で止まった。

【オリックス8-5ロッテ】オリックスは今季最多タイの11安打で、8得点を挙げた。2-3の五回に伏見の適時三塁打などで逆転。六回には中川圭の3点三塁打などで4点を加えた。宮城が2勝目。本田がプロ初セーブ。ロッテはロメロと小野が打たれた。

【広島5-5ヤクルト】両チームとも決め手を欠き延長十二回で引き分けた。広島は3-5の六回に代打松山の2点二塁打で追い付き、その後は好機を生かせなかった。ヤクルトは村上の12号2ランで先行したが、同点の七回以降は打線が2安打に抑えられた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン