/

井上尚弥がTKO勝ち、谷口は新王者 ボクシングW世界戦

ボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦は14日、東京・両国国技館で行われ、世界ボクシング協会(WBA)国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級チャンピオンの28歳、井上尚弥(大橋)がIBF5位のアラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒、TKO勝ちした。スーパー王座のWBAは6度目、IBFは4度目の防衛。世界戦17連勝で、自身の日本最多記録を更新した。

井上尚は序盤から優位に進めた。8回に左でダウンを奪い、さらに攻めたところでレフェリーが試合を止めた。戦績は22戦全勝(19KO)。ディパエンは15戦12勝(11KO)3敗。

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級1位の谷口将隆(ワタナベ)は王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)を11回1分8秒、TKOで破って新王者となった。

2度目の世界挑戦だった27歳の谷口は11回に左の強打から素早い連打を浴びせた。戦績は18戦15勝(10KO)3敗。メンデスは3度目の防衛に失敗して18戦16勝(6KO)2敗。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン