/

投手根尾に同僚も期待 中日・松葉「すごい球投げる」

中日は14日、一部の投手がナゴヤ球場で調整した。野手から投手への転向が決まった根尾に、同僚らから期待の声が上がった。

10年目で通算39勝の松葉は根尾とキャッチボールをしたことがあるという。「すごい球を投げているし、正直、断然僕より肩が強い。投手をさせたいと思わせる球を投げている」と実感を込めて言う。体の使い方や制球力を評価し「真面目だし、練習に取り組む姿勢もチームで一、二を争う。彼ならやってくれると思う」と太鼓判を押した。

「能力はあるんじゃないですか」とは落合ヘッド兼投手コーチ。「みなさんが見ていないところで練習はずっとやっている。投手である以上は使うし、使えるようにしないといけない」と、17日からの巨人戦に視線を向けた。

また、大阪桐蔭高時代の2018年に、根尾とともに甲子園大会で春夏連覇した日本ハムの柿木は「報道で知り、正直びっくりしました。これから切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきたい」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン