/

高津臣吾氏・山本昌氏ら、野球殿堂入り

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰ではプレーヤー表彰で歴代2位の通算286セーブを挙げた現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、中日で史上最年長勝利を含む通算219勝を挙げた山本昌氏(56)が選ばれた。特別表彰では東海大の創設者の故松前重義氏が選出された。

高津氏は1991年に亜大からドラフト3位でヤクルトに入団し、横手投げの抑え投手として黄金時代を支えた。最優秀救援投手に4度輝き、2004年に米大リーグに移籍。06年にヤクルトへ復帰し、日米通算313セーブをマーク。韓国、台湾や日本の独立リーグでもプレーした。

山本昌氏は1984年に神奈川・日大藤沢高からドラフト5位で中日に入団。最多勝に3度輝き94年には沢村賞を受賞した。緩急を巧みに使った投球で長く現役を続け、2006年に41歳で無安打無得点試合を、08年には42歳で通算200勝をともに史上最年長で達成。49歳での勝利、50歳での登板もプロ野球記録となった。

故松前氏は野球を通じて旧ソ連などと交流を図り、野球の国際化に尽力した。東海大からは巨人の原辰徳監督ら多くのプロ野球選手を輩出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン