/

この記事は会員限定です

「シナリオにもっと力を」 監督の藤井道人さん

[有料会員限定]

サイバーエージェントのグループに参画し、ドラマを含む映像コンテンツの世界輸出を目指す映像制作会社バベルレーベル。創設者で米Netflixのドラマ「新聞記者」などで注目される藤井道人監督(35)は、世界に通用する作品づくりに向けて、脚本や企画にこそ力を注ぐべきだと訴える。

――世界的に人気を集めるドラマが、韓国やスペインなどから出ています。一方、まだ大きく注目される日本発のヒット作はまだ少ないよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ドラマ進化論

ドラマは「時代を映す鏡」だ。世相やトレンドを取り入れながら織りなす物語は、多くの視聴者の共感を得てきた。そのドラマに変革の時が訪れている。地上波テレビがなお主流ながら、メディアの多様化に伴い動画配信のドラマも拡大。表現方法やストーリーにも新たな潮流が生まれている。進化するドラマの今を追った。(この連載は本編4回、インタビュー編4回で構成します)

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン