/

この記事は会員限定です

片手で見る縦画面ドラマ 隙間時間で得られる没入感

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スマホの小さな縦画面を生かした新たなドラマが需要を掘り起こそうとしている。縦のフレームは背景部分が狭くなるなど制約は多そうだが、人物がクローズアップされるなどテレビでは味わえない臨場感を生む。電車での移動中など隙間時間での視聴を狙ったストーリーは1話がわずか10分ほど。イヤホンを付けて片手で見る「縦型ドラマ」が離陸する。

2カ月で視聴1000万回

スマホ画面いっぱいに映った俳優、窪塚洋介が語り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
ドラマ進化論

ドラマは「時代を映す鏡」だ。世相やトレンドを取り入れながら織りなす物語は、多くの視聴者の共感を得てきた。そのドラマに変革の時が訪れている。地上波テレビがなお主流ながら、メディアの多様化に伴い動画配信のドラマも拡大。表現方法やストーリーにも新たな潮流が生まれている。進化するドラマの今を追った。(この連載は本編4回、インタビュー編4回で構成します)

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン