/

J1浦和の阿部が引退表明 元日本代表MF「幸せだった」

J1浦和の元日本代表MF阿部勇樹(40)が14日、今季限りでの現役引退を表明した。さいたま市内で記者会見し「今年が始まった時点である程度、勝負の年、最後の年になると考えていた。この年齢までサッカーができるとは思っていなかったが、本当に幸せなサッカー人生だった」と涙ながらに語った。

1998年に地元の千葉(当時市原)でJリーグデビュー。歴代4位のJ1通算589試合出場を誇り、浦和で2度のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝を経験。日本代表では53試合3得点で、2010年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で16強入りに貢献した。

今後については「指導者の道へ行きたいと考えている。新たなチャレンジをしたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン