/

松山・小平は予選落ち 米男子ゴルフ

【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)=共同】米男子ゴルフのウィンダム選手権は13日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は連日の69で通算2アンダー、138となり予選通過に1打届かなかった。72の小平智は2オーバーで予選落ち。

首位から64と伸ばしたラッセル・ヘンリー(米国)が通算14アンダーで後続に4打差をつけた。東京五輪銀メダリストのロリー・サバティーニ(スロバキア)ら3人が2位。

今大会はレギュラーシーズン最終戦で、次週から出場者が徐々に絞られる3戦のプレーオフ。第1戦はシーズン通算ポイント125位までが出る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン