/

大谷翔平、2年連続受賞ならず 野球専門誌MVP

【ヒューストン=共同】米大リーグで専門誌ベースボール・ダイジェストが13日、今季の最優秀選手(MVP)を発表し、エンゼルスの大谷翔平は野手部門の2位で2年連続の受賞はならなかった。ア・リーグ新記録の62本塁打を放ったヤンキースの外野手ジャッジが選ばれた。

選考はメディア関係者や元選手などの22人によって行われ、ジャッジは18人から1位票を集めて62点。大谷は1位票が4人、2位票が16人、3位票が1人で45点だった。投手部門のMVPはマーリンズの先発右腕アルカンタラで2位がアストロズのバーランダー。大谷は6位だった。

今季の大谷は現行のメジャーで投打で初めて規定に到達し、投手で15勝9敗、防御率2.33、打者では34本塁打をマークした。全米野球記者協会のシーズン最優秀選手(MVP)でも候補に挙がっている。

スポーツトップ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

大谷翔平

大谷翔平の試合結果や個人成績、コラムをまとめました。大リーグ・エンゼルスでの投打二刀流の活躍のニュースを楽しめます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません