/

バド日本男子が準決勝敗退 国別対抗戦

【バンコク=共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯第6日は13日、バンコクで準決勝(3戦先勝方式)が行われ、日本はインドネシアに2-3で競り負け、4大会ぶりの優勝はならなかった。

シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)で2連敗。続くシングルスの西本拳太(ジェイテクト)、ダブルスの古賀輝(NTT東日本)渡辺勇大(BIPROGY)組の2連勝でタイに戻したが、最終5試合目のシングルスの奈良岡功大(IMG)はストレート負けした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン