/

体操・新体操、北九州で観客入れ開催 10月の世界選手権

体操、新体操の世界選手権(10月・北九州市)の大会組織委員会は13日、国内の観客を入れて開催する方針をまとめた。国際体操連盟や地元自治体、専門家などによる会議で開催可否などを協議し、新型コロナウイルスの感染状況が改善傾向にあることなどを理由に判断したという。

会場に観客を入れる割合やチケットを販売する対象地域などの詳細は今後の政府方針などを踏まえて決定する。感染状況が悪化した場合は改めて会議を開き、開催形態を検討するとした。

体操は10月18~24日に北九州市立総合体育館、新体操は27~31日に西日本総合展示場で行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン