/

名古屋と川崎、サッカーACLへ意気込み 14日に決勝T1回戦

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で決勝トーナメント1回戦が行われ、名古屋はホームで大邱、川崎はアウェーで前回王者蔚山と、ともに韓国勢と対戦する。

13日は練習とオンラインでの記者会見が行われ、名古屋のフィッカデンティ監督は「(大邱は)球際に強いチームだが、名古屋のサッカーへの向き合い方は変えない」と語った。DF中谷は「カウンターは素晴らしいものがあり、注意していきたい」と相手FWを警戒した。

初優勝を狙う川崎の鬼木監督は「難しい試合になるが、乗り越えないといけない」と語った。主力の谷口らを負傷で欠いて苦戦も想定されるが、登里は「自信はある。強気で圧倒して勝ちたい」と意気込んだ。Jリーグの柏などで活躍した蔚山の洪明甫監督は「川崎の弱点を探すのは難しい。たくさん準備しないといけない」と話した。C大阪は15日、本拠地で浦項(韓国)と対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン