/

ソフトバンク和田「150勝通過点に」 日米通算あと2勝

ソフトバンクの和田毅投手が13日、長崎市内で練習を公開し、体幹トレーニングや坂道でのダッシュで体を追い込んだ。プロ20年目に臨む40歳は日米通算150勝へあと2勝、NPB通算でもあと7勝に迫る。「まずは150という数字を通過点と言えるように、今年は頑張る」と決意を口にした。

オフには昨季限りで現役を引退した松坂大輔さんとテレビの企画で対談。名球会入りの条件となる日米通算200勝へ「あと52勝」と書かれたボールを受け取った。「松坂世代」最後の現役選手となった和田は「大輔らしいなと。同級生で名球会がいないので。とてつもない目標だけど」と刺激を受けた様子だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン