/

アンドレースクが五輪辞退 女子テニス世界5位

女子テニスの世界ランキング5位のビアンカ・アンドレースク(カナダ)は12日、自身のインスタグラムで、新型コロナウイルス感染拡大を理由に東京五輪の出場を辞退すると発表した。テニスでは男子のランキング3位ラファエル・ナダル(スペイン)ら上位選手の辞退が続いている。

テニスの全仏オープンでプレーするビアンカ・アンドレースク(5月、パリ)=AP

アンドレースクは「幼いころからカナダ代表として五輪に出ることを夢見ていた。しかしパンデミック(世界的大流行)の状況を考えると、正しい決断だったと思っている」と記した。

21歳のアンドレースクは2019年の全米オープンで優勝。今年4月には新型コロナウイルスの検査で陽性になったことを明かしている。

男子ではほかに、ランキング6位のドミニク・ティーム(オーストリア)、女子ではシモナ・ハレプ(ルーマニア)、セリーナ・ウィリアムズ(米国)らがコロナやその他の理由で五輪に出場しない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン