/

バスケ女子代表に報奨金、1人500万円 東京五輪で初の銀

日本バスケットボール協会は13日、東京五輪で初の銀メダルを獲得した女子の日本代表12選手に、1人500万円の報奨金を与えると発表した。銀メダルでは1人300万円としている規定額に、特別報奨金として200万円を追加した。

ホーバス監督を除くチームスタッフ12人にも各200万円を授与する。監督については契約に基づき、別途授与する。12日にオンラインで開いた理事会で決定した。三屋裕子会長は「日本バスケ界にとって金メダル級の快挙。チーム一丸となったスーパーチームでした」とコメントした。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン