/

13日のJ1 結果と戦評

(更新)

【浦和 6-0 磐田】浦和は攻守の切り替えが速く、大量点を奪った。前半5分に左足で先制したモーベルグが、2-0の同40分にも加点。後半は伊藤の左足ボレーで突き放し、小泉とユンカーが畳みかけた。磐田は守備が崩れ、好機もGK西川に阻まれた。

【神戸 2-0 札幌】互いに攻め合う展開で、神戸が2点を奪って快勝した。前半28分に後方からのボールを受けて先制点を奪った汰木が、ハーフタイム直前にも加点。後半は体を張った守備で失点しなかった。札幌は攻守ともに要所でミスが出た。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーW杯

2022サッカーワールドカップカタール大会のニュースやコラムをまとめました。日本代表の次戦は12月2日(日本時間)、スペイン戦です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン