/

安藤友香が3位、日本勢最高 名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソンは13日、名古屋市のバンテリンドームナゴヤ発着で行われ、東京五輪1万メートル代表の安藤友香(ワコール)が2時間22分22秒で日本人最高の3位に入った。7月に米オレゴン州で行われる世界選手権の派遣設定記録(2時間23分18秒)を突破。

2019年世界選手権覇者のルース・チェプンゲティッチ(ケニア)が序盤から飛び出し、大会新記録の2時間17分18秒で優勝。20年東京マラソンを制したロナチェムタイ・サルピーター(イスラエル)は30キロ前後でトップに追いついたが34キロすぎで再び離され、1分27秒遅れの2位だった。

細田あい(エディオン)が2時間24分26秒で4位。初マラソンの22歳、鈴木優花(大東大)が日本学生新記録の2時間25分2秒で5位に入った。(スタート時曇り、気温16.7度、湿度41.0%、北の風0.1メートル)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン