/

この記事は会員限定です

C「F」Oは16歳 会社の将来、考えるのは未来の大人

カーボンゼロネーティブ(5)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ミドリムシを活用して環境問題に取り組むユーグレナは2020年秋、川崎レナ(16)を「CFO(最高未来責任者)」に任命した。「CFO」の「F」は「Future」の意。同年代のメンバーらと議論しつつ、同社が持続可能(サステナブル)な会社であるために何ができるかのビジョンをつくる。大人の社会の中に身を投じたカーボンゼロネーティブは、会社にどのような影響を与えているのか。

川崎が就任したCFOは、同年代でつくる「F...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1955文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロネーティブ

若年層が気候危機を訴え始めた。彼らは地球温暖化を幼い頃から見聞きしてきた「カーボンゼロネーティブ」世代。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが注目を浴びているが、日本にも自分のスタイルで問題に取り組む人たちがいる。どうやって現状に風穴を開けようとしているのか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン