/

この記事は会員限定です

指先で守る世界の森 アプリで寄付、CO2削減量見える

カーボンゼロネーティブ(3)

(更新) [有料会員限定]

スマートフォンのアプリを操作するだけで、地球上で減り続けている森林を守ることができる。支援したい海外の森林プロジェクトを選んで寄付すると、金額に応じて何本分の木、どれだけの量の二酸化炭素(CO2)に寄与したかもわかる。いつでもどこでも手軽に森林保護・再生に貢献できるアプリ「weMORI(ウィモリ)」をつくったのが、清水イアン(29)だ。

1時間に東京ドーム11個以上の森が

地球温暖化の原因となるC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1925文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロネーティブ

若年層が気候危機を訴え始めた。彼らは地球温暖化を幼い頃から見聞きしてきた「カーボンゼロネーティブ」世代。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが注目を浴びているが、日本にも自分のスタイルで問題に取り組む人たちがいる。どうやって現状に風穴を開けようとしているのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン