/

この記事は会員限定です

コロナが背中を「どついた」 米子で見つけたものとは?

東京Escape(4)

(更新) [有料会員限定]

ソフト開発のIDホールディングス(HD)は新型コロナウイルス禍の中、中核会社の本社機能の一部を鳥取県米子市に移した。すでに技術者が駐在し、感染も抑え込まれていたからだ。鳥取では珍しい東証1部のIT企業の移転に、地元の期待は盛り上がる。東京から出た先で出合ったものとは何だったのか。

「東京と同じレベルの仕事を」

「東京と同じレベルの仕事がやりたかったんです」。IDHDの中核企業、インフォメーション・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東京Escape

企業が東京を出る動きが広がり始めている。新型コロナウイルスは働き方だけでなく、企業のあり方そのものも変えつつある。「新天地」を求める人たちは何を考え、何を求めるのか。東京から地方に本拠を移した企業の社員らの姿を追い、その答えを探った。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン