/

巨人・坂本勇人「1年間戦う体づくりを」 調整に手応え

巨人の坂本勇人内野手が12日、那覇市での練習後にオンラインで取材に応じ、「もう一回、1年間戦える体づくりをしないといけない。追い込みながらやれている」と手応えを強調した。

昨季は故障もあり打率2割7分1厘、19本塁打、46打点に終わり、後半戦は「なかなか粘り強く振りにいけない」と下半身の衰えを実感した。若手選手とのトレーニングでは体幹に重点を置き「いいパフォーマンスをできるだけ維持できるように」と意図を話した。

同学年で体操界をけん引してきた内村航平さんの現役引退に「自分もあと何年できるかな」と残された選手人生に思いを巡らしたという。2年ぶりのペナント奪回を狙う33歳の主将は「1年間(試合に)出続けることが一番の目標」と強い自覚を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン