/

山口茜・桃田賢斗ら代表入り バドの国・地域別対抗戦

日本バドミントン協会は12日、国・地域別対抗戦の男子トマス杯と女子ユーバー杯(5月・バンコク)の日本代表を発表し、前回準優勝の女子はシングルスで昨年12月の世界選手権を制した山口茜(再春館製薬所)や奥原希望(太陽ホールディングス)、ダブルスで今年3月の全英オープン優勝の志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)らを選んだ。

前回3位の男子はシングルスで桃田賢斗(NTT東日本)、ダブルスで世界選手権優勝の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)らが名を連ねた。

オンラインで記者会見した女子の山口は「自分のいいプレーを出して、いい流れをつくりたい」と話し、男子の主将を務める桃田は「前回は満足のいく結果を残せなかった。今回はみんなで力を合わせて優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン