/

トランポリン森「技術だけでは駄目」 予選敗退の五輪振り返り

トランポリン女子のエース森ひかる(金沢学院大ク)が12日、オンラインで記者会見し、予選敗退に終わった東京五輪を振り返り「ただ技術があるだけでは駄目で(精神面を含めて)全てが強い選手があの舞台で輝ける。五輪の舞台に立ったからこそ感じられた」と語った。

22歳の森は2019年世界選手権では個人の女子で日本勢初優勝を果たし、五輪でメダル獲得が期待されていた。五輪後は休養に充てており、今後については「どんな道に進むか分からないけど、トランポリンをやるなら中途半端な状態ではやりたくない。覚悟を持てたときにもう一度スタートしたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン