/

バド奥原希望、所属先と契約延長 「結果を追求」

太陽ホールディングスは12日、バドミントン女子シングルスで東京五輪に出場した奥原希望との所属契約をパリ五輪後の2024年12月末まで延長したと発表した。奥原は同社を通じ「現状維持では勝ち続けることが難しい世界の中で、今後もいろいろなことに挑戦しながら、プロとしてパフォーマンスや結果を追求していきたい」などとコメントした。

16年リオデジャネイロ五輪銅メダルで26歳の奥原は18年限りで日本ユニシスを退社。プロに転向し、太陽ホールディングスと19年1月に契約を結んだ。東京五輪は準々決勝敗退だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン