/

村田諒太、12月にゴロフキン戦 ミドル級王座統一戦

世界ボクシング協会(WBA)ミドル級スーパー王者の村田諒太(帝拳)が12月29日にさいたまスーパーアリーナで、国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦を闘うことが12日、主催者から発表された。世界的に層が厚い階級の王者対決で、日本ボクシング史上屈指のビッグマッチが実現する。

35歳の村田は東京都内で行われた記者会見で「一番尊敬する選手。彼を倒して僕が最強だと証明したい。この試合を決めてくださったことに感謝している」と意気込みを語った。米国からリモートで参加した39歳のゴロフキンは「村田の強さは尊敬している。記憶に残る試合になる」と話した。

村田は2012年ロンドン五輪で金メダルに輝き、日本で初めてアマチュア、プロ両方で世界の頂点に立った。04年アテネ五輪銀メダルのゴロフキンは世界3団体統一王座に就いた実績がある。

一昨年12月以来の試合となる村田の戦績は18戦16勝(13KO)2敗、ゴロフキンは43戦41勝(36KO)1敗1分け。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン