/

15歳玉井陸斗が優勝 飛び込み翼ジャパン杯

飛び込みの国際大会派遣選手選考会を兼ねた翼ジャパン・カップは12日、浜松市総合水泳場で第3日が行われ、男子高飛び込み決勝は昨夏の東京五輪代表で15歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が474.15点で優勝した。

シンクロ板飛び込み決勝で男子は伊藤洸輝、伊熊扇李組(JSS宝塚)が389.40点で制した。同五輪代表の寺内健、坂井丞組(ミキハウス)は2位。女子は金戸凜(セントラルスポーツ)三上紗也可(米子DC)組が304.50点で1位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン