/

伊藤に報奨金1000万円 日本卓球協会、水谷は600万円

日本卓球協会は12日、東京五輪の混合ダブルスで優勝したほか、女子団体で「銀」、同シングルスで「銅」の3つのメダルを獲得した伊藤美誠(スターツ)に報奨金1千万円を贈った。伊藤は東京都内で行われた協会の報告会に出席し「もっと成長して今度はシングルスで金メダルを取れるように頑張る」と語った。

伊藤とペアを組んだ水谷隼(木下グループ)には男子団体銅メダルの分と合わせて600万円が贈られた。東京五輪で一線を退く水谷は「大きな目標としていた五輪で金メダルを取ること、卓球をメジャーにすることの両方をかなえられた」と感慨深げに話した。

女子団体の石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)は各200万円、男子団体の張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)は各100万円を受け取った。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン