/

18歳ラドゥカヌが新女王 全米テニス、初の予選突破者V

【ニューヨーク=共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープン第13日は11日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で18歳のエマ・ラドゥカヌ(英国)が19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)に6-4、6-3で勝ち、ツアー初優勝が四大大会初制覇となった。

世界ランキング150位のラドゥカヌは予選からの10試合全てストレート勝ちで新女王に輝き、優勝賞金250万ドル(約2億7500万円)を獲得した。女子ツアーを統括するWTAによると、同種目で予選突破者の優勝は史上初となり、英国勢の四大大会タイトルは1977年ウィンブルドン選手権のバージニア・ウェード以来44年ぶり。

10代対決は99年大会で初制覇した17歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)と18歳のマルチナ・ヒンギス(スイス)が争って以来22年ぶりだった。

混合ダブルスはデシラエ・クラウチク(米国)ジョー・ソールズベリー(英国)組が初優勝。ソールズベリーは男子ダブルスとの2冠に輝いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン