/

スノボハーフパイプで平野流V、平野歩は4位 W杯開幕戦

スノーボード・ハーフパイプのワールドカップ(W杯)は11日、米コロラド州コッパーマウンテンで今季開幕戦の決勝が行われ、男子は19歳の平野流佳(太成学院大)が89.25点で制し、2020年2月以来となるW杯通算2勝目を挙げた。

昨季世界王者で20歳の戸塚優斗(ヨネックス)は87.75点で3位、4季ぶりに出場した冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)は87.25点で4位だった。女子は22歳の冨田せな(アルビレックス新潟)が76.00点で、自己最高に並ぶ2位に入った。

平野歩は全日本スキー連盟が定める北京五輪の派遣基準を満たし、3大会連続の出場に大きく前進した。片山来夢(バートン)は2回目に転倒して3回目を棄権し、7位。18年平昌五輪金メダルのショーン・ホワイト(米国)は8位だった。

女子の小野光希(バートン)は5位で、松本遥奈(クルーズ)は7位。80.50点をマークした蔡雪桐(中国)が2季ぶりに優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン