/

夏季五輪招致、ロンドン市長が検討 36年か40年に

ロンドンのカーン市長が2036年か40年の夏季五輪の招致を検討していることを10日、英ITV放送のインタビューで明かした。訪問先の米国で「既存の施設があるので膨大な費用はかからず、これまでで最も環境に優しい五輪を開催できる」と語った。

同氏は昨年5月の市長選でも五輪招致の構想を打ち出していた。ロンドンは12年に同一都市として最多の3度目の夏季五輪を開催した。〔ロンドン=共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン