/

オリックス、12日からの楽天3連戦を延期 感染者相次ぐ

(更新)

日本野球機構(NPB)と12球団は11日、オンラインで臨時のプロ野球実行委員会を開き、オリックスで新型コロナウイルス感染者が相次いだため、12~14日に楽天生命パーク宮城で予定されていた楽天―オリックス3連戦の延期を決めた。感染拡大を防ぐためで、チーム活動も停止する。

オリックスは11日、新たに若月健矢捕手とスタッフ3人が10日のPCR検査で陽性判定を受けたと発表。6~10日に伏見寅威捕手や宗佑磨内野手ら7選手と水本勝己ヘッドコーチらの陽性が確認される中、10日までZOZOマリンスタジアムでロッテと3連戦を戦った。

NPBの井原敦事務局長は12日からの3連戦延期の理由に、選手と接触がほとんどなかったスタッフの感染を挙げ「(感染の)広がりで、感染経路を追うことが困難だと判断した」と説明した。

新型コロナに集団感染した楽天、DeNAに続く開催見合わせで今季の試合延期は計9試合に。DeNAは12日の巨人戦(沖縄セルラースタジアム那覇)で試合を再開する見通しで、井原事務局長は「3日間連続して陰性を確認した選手でチームを編成し、試合を行っていく」と話した。

12球団は検査態勢をさらに強化し、2週間に1度と見直したばかりだった定期検査の頻度を、週に1度以上に増やすことを決めた。

また、ロッテは11日、佐々木千隼投手が陽性判定を受けたと発表した。濃厚接触者となる疑いがあったために10日に出場選手登録を外れてPCR検査を受け判明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン