/

11日のJ1 結果と戦評

【浦和2-0横浜C】浦和が効果的な得点で逃げ切った。前半34分、小泉の右クロスに汰木が頭で合わせて先制。守勢に回った後半44分には鮮やかな逆襲から、こぼれ球を大久保が押し込んで加点した。横浜FCは少ない決定機を仕留められなかった。

横浜FC―浦和 前半、ヘディングで先制ゴールを決める浦和・汰木=手前右から2人目(11日、ニッパツ)=共同

【福岡3-0鹿島】福岡は攻守がかみ合い完勝。緊密な守備網で球を奪い、素早く攻めに移った。前半19分のPKは山岸が逸したが、26分と41分にファンマが2得点。後半には山岸が加点した。鹿島は守備陣が踏ん張れず、簡単に失点を重ねた。

【札幌2-0C大阪】札幌が後半に2得点し連敗を3で止めた。後半28分にFKのこぼれ球から最後はドウグラスオリベイラが押し込んで先制、2分後には青木が加点した。C大阪は前半に相手守備にてこずり、後半に2トップを入れ替えたが無得点だった。

C大阪―札幌 後半、先制ゴールを決める札幌・ドウグラスオリベイラ=左(11日、ヨドコウ)=共同

【横浜M3-1広島】横浜Mが逆転勝ち。0-1の前半36分にマルコスジュニオールのシュートを前田が右足で軌道を変えて同点。同ロスタイムにCKから実藤が決めて勝ち越し、後半にもレオセアラが加点した。広島は終盤に猛攻を仕掛けたが及ばなかった。

【大分2-0湘南】大分は前半32分に小出が先制点を挙げ、後半終了間際にはカウンターから伊佐が左足で決めて追加点を奪う。シュートはわずか3本だったが、そのうちの2本でゴールネットを揺らした。湘南は山口新監督の初陣を飾れなかった。

【鳥栖2-1清水】鳥栖が競り勝った。1-1の後半29分、エドゥアルドが左足で強烈なFKを決め、勝ち越した。清水は0-1の後半20分にチアゴサンタナのシュートがDFに当たって角度が変わり、同点ゴール。その後は相手の堅守に阻まれた。〔共同〕

鳥栖―清水 前半、ゴールを狙う清水・チアゴサンタナ(11日、駅スタ)=共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン