/

ジョコビッチ、ウィンブルドン3連覇

11日、ベレッティーニを下しウィンブルドン3連覇を果たしたジョコビッチ=ロイター

【ウィンブルドン=共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6-7、6-4、6-4、6-3で下し、四大大会で今季3連勝、男子最多に並ぶ通算20勝目となった。

ジョコビッチは四大大会で今季3連勝、男子最多に並ぶ通算20勝目となった(11日)=AP

新型コロナウイルス禍で2年ぶりの開催となったウィンブルドンで34歳のジョコビッチは3大会連続6度目の頂点に立ち、優勝賞金170万ポンド(約2億6千万円)を獲得した。四大大会通算20勝はロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)とともに歴代1位。

ジョコビッチは東京五輪に出場予定で、同一シーズンに四大大会と五輪を全て制覇する「年間ゴールデンスラム」も視野に入ってきた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン