/

伊東純也、3戦連続ゴール ベルギー1部

【セラン(ベルギー)=共同】サッカーのベルギー1部リーグは10日、各地でレギュラーシーズン最終節が行われ、ゲンクの伊東純也がアウェーのセラン戦の前半44分に3試合連続ゴールとなる先制点を決めた。今季8得点目。後半途中まで出場し、チームは2-0で勝って8位で中位プレーオフに進出した。

シントトロイデンは前半に原大智、林大地が得点してホームでスタンダールを3-0で下した。香川真司が原の先制点を、GKシュミット・ダニエルとともにフル出場した橋岡大樹はチームの3点目をアシストした。チームは9位でプレーオフに進めず、原は8得点、林は7得点で終えた。

1位が確定していたサンジロワーズの三笘薫と町田浩樹はホームのベールスホット戦に先発出場し、0-0の後半途中にファンが乱入するなどして試合が打ち切られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン