/

松山英樹、スタート前に棄権 首から肩甲骨へ痛み

【ポンテベドラビーチ(米フロリダ州)=共同】米男子ゴルフのプレーヤーズ選手権に臨む予定だった松山英樹は10日、米フロリダ州ポンテベドラビーチのTPCソーグラスでの第1ラウンド開始前に棄権した。首から肩甲骨辺りにかけて痛みを抱えていた。

松山は前週のアーノルド・パーマー招待の大会中に痛みが出た。「できる範囲でするしかない」と話し、前日まで軽めに調整。この日の朝、コース入りし、練習場で球を打ち始めたものの出場を断念した。

松山は2連覇を目指すメジャーのマスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタ)を約1カ月後に控えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン