/

サニブラウン、男子100Vで世界陸上代表に 日本選手権

陸上の世界選手権(7月・米オレゴン州)代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は10日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、追い風1.1メートルの男子100メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08で3年ぶり3度目の頂点に立った。既に参加標準記録(10秒05)を突破しており、世界選手権代表に決まった。

2位は10秒10の坂井隆一郎(大阪ガス)、3位は柳田大輝(東洋大)と続いた。小池祐貴(住友電工)は4位、桐生祥秀(日本生命)は6位。

女子1500メートル決勝は東京五輪8位の田中希実(豊田自動織機)が4分11秒83で3連覇を果たし、代表に決まった。同100メートルは君嶋愛梨沙(土木管理総合)が日本歴代4位に並ぶ11秒36で初優勝。

女子100メートル障害準決勝は東京五輪代表で日本記録保持者の青木益未(七十七銀行)が11日の決勝に進出。予選で12秒94の大会新記録を出した。

男子400メートル障害予選は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が全体トップで11日の決勝に進んだ。同代表の山内大夢(東邦銀行)は落選した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン