/

エペ団体で「金」、見延に1億円 フェンシング報奨金

東京五輪フェンシング男子エペ団体で日本勢として初の金メダルを獲得した見延和靖選手(34)が10日、群馬県高崎市で行われた所属先のネクサスの報告会に出席し、報奨金1億円が渡された。事前に告知されず、サプライズでの贈呈で「緊張とは違う、体の震えを感じている。無駄に使わず、活躍するとこんな夢があると後輩に伝えたい」と語った。

報奨金1億円の目録を手に笑顔のフェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得した見延和靖(10日、群馬県高崎市)=共同

2024年パリ五輪も目指す意向で「団体2連覇、個人でも金メダルで2冠を達成できるように頑張る」と意欲を新たにした。男子エペ団体は見延選手を中心に強化を図り「じーんと感動させるチーム」という思いを込めて「エペジーーン」を合言葉に戦った。

同じ所属先で男子フルーレの個人と団体で4位だった敷根崇裕選手(23)は「(メダルを逃し)人生で一番悔しい思いを短期間で2度した。パリでは金メダルを取って自分も同じ額をもらいたい」と雪辱を誓った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン