/

阪神、近本光司がコロナ疑い 糸井嘉男は陽性判定

(更新)

阪神は10日、近本光司外野手が新型コロナウイルスのスクリーニング検査で陽性疑いとなったと発表した。感染拡大防止特例の対象選手として出場選手登録を外れた。陽性疑いで離脱していた糸井嘉男外野手は陽性と判定された。

楽天は滝中瞭太投手が陽性判定を受けたと発表した。9日のスクリーニング検査で判明した。DeNAは蝦名達夫外野手の陽性判定を発表。症状はなく、濃厚接触者に当たる球団関係者はいないという。中日は森野将彦打撃コーチとスタッフ1人の陽性を発表し、ともに無症状という。ソフトバンクは笠谷俊介投手とスタッフ1人が陽性判定を受けた。

オリックスは安達了一内野手と阿部翔太投手が体調不良を訴え、感染拡大防止特例の対象選手として出場選手登録を外れた。

ウエスタン・リーグは山口県岩国市の広島東洋カープ由宇練習場で12、13日に、広島県三次市みよし運動公園野球場で14日に予定されていた広島―阪神3連戦を中止すると発表した。新型コロナ感染者が出て阪神のチーム編成が困難なため。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの感染症法上の分類が2023年5月8日に季節性インフルエンザと同じ「5類」に移行しました。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません