/

シカゴ・マラソン、鈴木4位 トゥラ優勝 

【シカゴ=共同】シカゴ・マラソンは10日、シカゴで行われ、男子日本記録を持つ26歳の鈴木健吾(富士通)は2時間8分50秒で4位だった。24歳のセイフ・トゥラ(エチオピア)が2時間6分12秒で優勝した。女子はルース・チェプンゲティッチ(ケニア)が2時間22分31秒(速報タイム)で制した。

大会は新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催。鈴木は2時間4分56秒で走った今年2月のびわ湖毎日以来のマラソンだった。

車いす男子はダニエル・ロマンチュク(米国)が1時間29分7秒で制し、東京パラリンピック覇者マルセル・フグ(スイス)が1秒差の2位。渡辺勝(凸版印刷)は8位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン