/

日本2位、オーストリアが優勝 ジャンプW杯団体

【ビショフスホーフェン(オーストリア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は9日、オーストリアのビショフスホーフェンで団体第2戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、佐藤幸椰、佐藤慧一、小林潤志郎(以上雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)の日本は合計1006.4点で2位となった。

団体の表彰台は昨年3月以来で、今季初。日本は2番手の佐藤慧が130.5メートル、131メートルと奮闘。エースで4番手の小林陵も136.5メートル、133.5メートルを飛び、1回目の3位から順位を上げた。オーストリアが1015.5点で優勝した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン