/

9日のプロ野球・結果と戦評

【オリックス8-0ソフトバンク】オリックスは7回無失点の山本が6連勝で、リーグトップに並ぶ自己最多の9勝目を挙げた。三回に吉田正のソロで先制し、六、七回はT―岡田が2打席連続本塁打を放った。ソフトバンクは投手陣が崩れ、4月以来の借金1となった。

6回オリックス無死、T―岡田が右越えに本塁打を放つ(9日、ペイペイドーム)=共同

【日本ハム6-1ロッテ】日本ハムが3連勝とした。二回に浅間の2点二塁打で先制し、五回には近藤の犠飛などで2点を加えた。伊藤が7回1安打無失点で自身6連勝として7勝目を挙げた。ロッテは佐々木朗が踏ん張れず、連勝が5で止まり3位に後退した。

ロッテ戦に先発、7回無失点で7勝目を挙げた日本ハム・伊藤(9日、ZOZOマリン)=共同

【ヤクルト4-3広島】ヤクルトが今季2度目のサヨナラ勝ち。2-3の九回無死一、三塁で代打川端の適時打で追い付き、さらに1死満塁として代打内川の中前打で試合を決めた。吉田喜が今季初勝利。広島は九回に救援したフランスアが乱調だった。

【中日3-1DeNA】中日は小笠原が7回を4安打1失点で自己最多の6勝目を挙げた。打線は同点の七回に木下拓のソロで勝ち越し、八回にビシエドの犠飛で加点した。DeNAは打線が振るわず、今季初登板だった移籍加入の有吉を援護できなかった。

【阪神4-1巨人】七回表無死二、三塁で降雨コールドゲーム。阪神が快勝した。三回に糸原の適時打などで2点を先制。五回は近本の適時打、六回はマルテの16号ソロで突き放した。1失点完投の秋山が1カ月ぶりの7勝目。巨人は三回の2失策が響いた。〔共同〕

6回阪神無死、マルテが左越えに本塁打を放つ(9日、甲子園)=共同
(データ提供:共同通信デジタル)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン