/

審判員は冷静な対応を プロ野球実行委で確認

日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が9日、オンラインで開かれ、ロッテの佐々木朗希投手が判定を巡って球審に詰め寄られたことを受け、審判員が冷静な対応に努めることを確認した。

公認野球規則の「審判員に対する一般指示」という項目には「悪い事態に対処するにあたっては、感情を捨てて自制することが、いちばん大切なことである」などと記されている。NPBの井原敦事務局長は「しっかり順守するということを確認した」と説明した。

また、宮崎県内での秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」は、10月10~31日に開催することが決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン