/

陸上・山県「五輪でいい走りを」 日本代表が合宿公開

陸上男子短距離の東京五輪代表が9日、山梨県富士吉田市での合宿を報道陣に公開した。金メダルを狙う400メートルリレーのバトンパスは行わず、個別に練習。100メートルで9秒95の日本記録を持つ山県亮太(セイコー)は「今回の合宿をきっかけに調子を上げ、五輪ではしっかりいい走りをしたい」と抱負を述べた。

五輪初出場となる多田修平(住友電工)は優勝した日本選手権の疲労が残っているそうで「しっかり体を動かしながら取っていければ」と話した。リレー代表の桐生祥秀(日本生命)は芝生を軽めに走って調整。痛めていた右アキレスけんの状態については「何も違和感がなかった」と強調し「この1カ月で仕上げる自信はある」と語った。

ウォルシュ・ジュリアン(富士通)ら1600メートルリレー代表も参加。サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は海外で調整している。

16日までの合宿で本番を想定したリレーのトライアルも実施する方針。日本陸連の土江寛裕強化コーチは「本番にベストになるように準備していきたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン