/

石川遼、選手会副会長を辞任へ 自主隔離中に不適切行動

男子ゴルフの石川遼選手(30)は9日までに一部報道で、米国からの帰国直後に適切な自主隔離を行わず一般客が利用するゴルフ場で調整したなどと指摘された。これを受けて同日、日本ゴルフツアー機構(JGTO)と選手会の副会長を辞任する意向を発表した。11日からの三井住友VISA太平洋マスターズは出場を辞退する。以降の大会の出場については機構に判断を委ねるという。

報道によると、米下部ツアー予選会から帰国直後の10月27日に千葉県内のゴルフ場でラウンドや練習を行い、自主隔離期間中に複数人の飲み会に参加した。同選手は隔離先として登録したゴルフ場で毎日、健康チェックを受けていたとしながらも、報道については否定せず、マネジメント会社を通じて「一部至らない点があったことをおわび申し上げます」と陳謝した。

JGTOと選手会はそれぞれ本人に事実確認を行った。処遇については臨時理事会を開いて決めるとした。石川選手が理事を務めるJGTOは、青木功会長の名前で「役員の軽率な行動によりお騒がせし、ご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と談話を出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン