/

この記事は会員限定です

友達親子で価値観共有 手軽に楽しむ「エモい」

若者なぜ昭和レトロ(4)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「私の若い頃はね……」と親が話し始めると、子供はうんざりした顔をする。少し前までごく当たり前と思われてきたそんな親子の光景がいま、変わってきている。

最近の親子はすごく仲がいい。親が好きだった音楽を好んで聴き、親が若い頃着ていた服のお下がりを「エモい(=エモーショナルな)」と喜んで着る。若者の間でブームの昭和レトロ。研究テーマの一つとする明治大学の藤田結子専任教授(社会学)は「『友達親子』と呼ば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
若者なぜ昭和レトロ

昭和を実体験していない若者の間でいま「昭和レトロ」ブームが起きている。「知らないけど懐かしい」「かわいい」「ゆったりしていて温かい」――。デジタル化が加速する時代に、対極といえるアナログな世界観を思い思いのスタンスで楽しむ。親や祖父母の時代だった昭和が、なぜ若者の心に刺さったのか。今どきの昭和レトロブームの深層を探る。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン