/

日本女子が白星発進 バドミントン国別対抗戦

バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯が9日、デンマークのオーフスで開幕して1次リーグが行われ、女子で2018年大会からの2連覇を目指すA組の日本はフランスを5-0で下し、白星発進した。

シングルスの高橋沙也加(日本ユニシス)、ダブルスで初めてペアを組んだ福島由紀(丸杉Bluvic)松友美佐紀(日本ユニシス)組らが勝った。奥原希望(太陽ホールディングス)はけがのため不参加。

男子で3大会ぶりの頂点を狙うD組の日本は10日の初戦でカナダと当たる。

男女ともシングルス3試合とダブルス2試合で争い、4組に分かれた1次リーグは各組上位2チームが準々決勝に進む。本来は隔年開催で昨年に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期された。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン